• ホーム
  • チャンピックスと他の禁煙グッズの併用は?

チャンピックスと他の禁煙グッズの併用は?

タバコ

チャンピックスは禁煙補助薬として世界初の飲み薬で、某外資系製薬会社が開発しました。
チャンピックスが発売される前まではニコチンガムやニコチンテープがありましたが、効果が今一ということで禁煙に失敗する事例が少なくないでした。
現在禁煙補助剤といえば、ニコチンガム、ニコチンテープ、そしてチャンピックスです。
ただしチャンピックスは禁煙外来にて診察を受けてから、処方せんをもらう必要があります。

チャンピックスは12週間といった服用期間があり、飲み方も決まっていますので自分勝手に飲み方を変えたり、飲み忘れたりしたら効果が半減してきますので注意が必要です。
しっかり服用しておけば、ほかの禁煙グッズを使うことはまったく必要ないです。
チャンピックスが脳内に働きかけて、喫煙意欲を抑制させていくからです。
ですからニコチンガムやニコチンテープみたいに、体内にニコチンを吸収させていきながらタバコの味をまずくさせていくといった作用機序とは全く違うんです。

禁煙グッズと言えば電子タバコが代表的なものですが、合間合間に電子タバコを吸う必要はないです。
チャンピックは効果覿面ですので、早い人は服用してから1週間後にタバコを吸いたくなくなります。
あえて禁煙グッズは要りません。
チャンピックはれっきとした薬です。
眠気を催すといった副作用がありますので、服用期間中は眠気による車の運転には注意しましょう。
12週間服用したら終了です。
あとは止める、といった強い意志をどれだけ持てるかです。
せっかく禁煙ができたのに、またタバコを吸いたくなって、失敗に終わったといって事例も多々あります。
チャンピックはあくまでも「補助剤」であることを念頭に置きながら禁煙に試みましょう。