• ホーム
  • チャンピックスの副作用で男性機能に影響がでることも

チャンピックスの副作用で男性機能に影響がでることも

喫煙用の装置を完備したとしてタバコによる副流煙の被害を減らしたとしても、喫煙していることによって本人への健康被害を食い止めることはできません。
タバコには数多くの有害物質が含まれていることが知られており、発がん性物質もあります。
そのために肺がんや呼吸器疾患の病気になる可能性が高くなることから、世界中で禁煙を推進する流れとなっています。

日本では禁煙外来などが設置されている医療機関が増えている傾向にあり、病気として禁煙治療が受けることが可能です。
医療機関では禁煙補助剤としてチャンピックスの処方が行われており、タバコに含まれているニコチンの影響による離脱症状を軽減させる効果があります。
禁煙が難しい理由としては、ニコチンに依存性があり、ニコチンの摂取がなくなると受容体と結合することで、放出されていた神経伝達物質のドーパミンが無くなるからと考えられています。
ドーパミンは快楽物質ですので、喫煙によって得られなくなることで切望感や離脱症状が生まれます。
チャンピックスに含まれている成分には、ニコチン受容体と結合してタバコよりも微量のドーパミンを放出させる効果があることから、離脱症状を軽減させながら禁煙ができます。

ただしチャンピックスは医薬品ということで、服用することで副作用が発症する可能性があります。
主な副作用の症状としては吐き気や頭痛などとなっていますが、海外の報告では性欲減退などの男性機能に関しての影響が出たというものもあります。
勃起不全や性欲減退などの男性機能についての影響が現れたときには、専門の医者に相談してみると良いと言えます。
また男性機能に障害が出た場合はチャンピックスの服用に加えてED治療薬を併用することは問題ないのですが、念のため医者と相談してみてから決めることがおすすめです。