• ホーム
  • 恋人に禁煙させるならチャンピックスかニコチネル

恋人に禁煙させるならチャンピックスかニコチネル

タバコと煙

近年は社会全体で分煙や禁煙がすすんでおり、喫煙率も全体的に低下傾向にありますが、恋人がいる人の中には相手が喫煙者であるのを気にしている人もまだまだたくさんいます。
もし、恋人に禁煙するよう説得して相手がそれに応えてタバコを吸うのをやめたとき、禁煙による効果を知り自らの意思のみでやめられるのであればそれに越したことはありません。
しかし、喫煙者はニコチン依存症にかかっている可能性が高く、自らの意思でやめようとしても禁断症状を乗り越えられずにふたたびタバコに手を出してしまう可能性が非常に高いです。
恋人が禁煙をする決意をした場合は、禁煙治療を受けさせて完全にタバコを断つようにしていく必要があるでしょう。

恋人の喫煙を禁煙治療によってやめさせたい場合、現在はニコチネルパッチと呼ばれる貼り薬を使用する方法とチャンピックスと呼ばれる飲み薬を使用する方法の2つの中から治療方法を選ぶことができます。
2つの方法のうちどちらを選ぶかは、禁煙治療を行う患者本人の身体の状態などをもとに医師との相談の上で決めますが、恋人が健康体なのであればニコチネルパッチの場合より禁煙の成功率が高いチャンピックスをつかった方法を選択すると良いでしょう。

チャンピックスは禁煙補助薬としては比較的新しい薬で、ニコチンを摂取せずに禁煙治療ができるのが最大の特徴です。
チャンピックスの有効成分は、脳でニコチンが受容体と結合してドーパミンを出す働きを阻害します。
通常、ニコチンを摂取しないと時間が経つにつれて禁断症状があらわれるようになりますが、チャンピックスの有効成分も少量ながら受容体との結合後にドーパミンを放出する作用があります。
これにより、ニコチネルパッチのようなニコチンを体内に取り込む方法を使わなくても、禁断症状の発症を抑えながら、徐々に喫煙による快感を得られなくして禁煙へと導くことが可能になっています。